「間借り」の生活。

「間借り」しながら発信します。一応「ミニマリズム」志向してます。

無線LAN環境を整える(その2)

   2.4GHzと5GHzの二系統(しかも、それぞれが中継器を持っている)という、少しややこしい仕様の環境ですが、実際に使ってみると問題はありません。

   私は第4世代のiPod touch(3.5インチの画面のもの)が気に入っていて、ネットするにも文章を書くにも、それを使っています。以前はネットに繋がっているはずなのにサイトが更新されないということがよくありましたが、二種類の周波数が使えるようになると、そういった問題も無くなりました。nやaあるいはacといった5GHz帯域の繋がる機器はそっちで繋がるようにセッティングしたので、2.4GHzの帯域で電波の奪い合いが無くなったのだと思っています。何年も前の古いiPod(第4世代)で快適にネットできています。

   問題と言えば、ルーターの一つが5GHzの帯域と2.4GHzの帯域の同時利用ができるということなのですが、2.4GHzの方が繋がらない(電波では繋がっている)ということが頻発したので、同時利用をやめて、2.4GHzの帯域の利用はもう一方のアクセスポイントですることにして、そのルーターでは5GHzのみを使うようにしました。すると、どちらのアクセスポイントも繋がらないということは無くなりました。これも2.4GHz帯域の器械を2台同時利用したので干渉が起こったのかもしれません。なんにせよ、今のところネット環境はスッキリしたものになりました。