「間借り」の生活(くらし)。

「間借り」しながら発信します。一応「ミニマリズム」志向してます。

自分が「引き籠もり」であることに気づく。

phaさんがHatena Blod「phaの日記」の中にアップロードしてる「一人で意味もなくビジネスホテルに泊まるのが好きだ」という文章を読みました。
要は「自分は訳もなくビジネスホテルに泊まったりするけど、それは自分が家の中に引き籠っているバリエーションの一つに過ぎない」というものです。つまり、外に出たいから宿泊するのではなく、家での引き籠りにある種飽きが来て、場所を変えて引き籠っているに過ぎないというのです。
その文章を読んで私は腑に落ち「ました」。私自身も街中をブラつくのが好きであっちこっち出歩いていたのですが、特に何かへの興味が本当にあるのではなく、家でやっている読書やネットサーフィン、あるいは駄文書きを場所を変えつつやりたかっただけだったんだと。
その文章を読んで自分のしたかったことが何かわかりましたし、それをスッキリどこでもいつでも楽しめるのが私にとっての「ミニマリスト」だったのです。(この辺は話が飛躍してるかな)

今、大学生協の屋上にある屋外ベンチにいるのですが、ブラバンの練習の音と蝉の声を聞きながら、爽やかな風を浴びて「引き籠って」います。