「間借り」の生活。

「間借り」しながら発信します。一応「ミニマリズム」志向してます。

Bluetoothのキーボードを使ってみる。

 Googleが2012年に発売した純正端末ネクサス7に、Bluetoothのキーボードを繋いでみた。アップルと違ってマウスやキーボードなどのBluetooth端末をオンにしただけではOS側で認識してくれない。まずはコネクトボタンを長押しし、さらにpinコード(pinコードは接続作業の中で表示される)を要求されるので、それを繋がったばかりのキーボードで打ち込んでやる。(って言うか、もう繋がってるの?)すると、見事に繋がった!しかも、アンドロイドというのに、矢印型のポインターまで現れている!

 どこかのblogで「iPhoneiPadやめました。パソコンもやめました。」っていうミニマリストが書いた一文があったけど、結局その人はタブレットのネクサス7にキーボードを繋いで仕事をする形に集約したらしい。いわゆる「ノマド」的に仕事をしている人らしいけど、この二つで仕事が片付いてしまうってスゴいよね。(私が仕事のデバイスは一つに絞れって言われたら、タブレットでもウインドウズでもなくChromebookにするけど。)

 で、この文章もタブレットを立てて置いて、その前にキーボードを置いて書いている。こうやってキーボードで文章を書くのと、スマホタブレットの画面上でフリック入力するのとではどちらが速いんだろう。二年くらい前だったら間違いなくキーボードだって答えるだろうけど、昨年大学のレポート書きを山ほど請け負って、それをiPodで書いたので、すっかりフリック入力にもなれてしまった。したがって入力しやすさの優劣はビミョーな感じ。でも、表計算を使うなら絶対にこっちのキーボードだと思う。しかも、このキーボードにはマウスポインターがついているので100%こっちの勝ちだ。(液晶にタッチしながら表計算に数値を入力することほど効率の悪いものはない。)

 iPodなんかの小さい端末で文章を書くメリットはいつでも、どこでも文章が書けるっていうこと。電車の中で立ちながらでも、カフェの中でも、ストリートの上でだって文章が書ける。ノートパソコンしか無かった時代には、せいぜい電車で座席に座って回りに気を使いながら(あるいはドヤ顔で)、膝の上にパソコンを置いて文章を入力するしか無かっただろうけど、今は違う。ポケットからiPodを持ち出してすぐに文章が書けるんだから。文章を書く自由さが飛躍的に高まっている。

 とにかくこのネクサスとキーボードの組み合わせでしばらくいってみよう。