「間借り」の生活(くらし)。

「間借り」しながら発信します。一応「ミニマリズム」志向してます。

京都五条のゲストハウスに間借りしました(3)

ドミトリーハウスで自分の自由になるのはあてがわれたベッドだけなんだけど、その狭い空間で翌日の準備として「仕事」しなきやゃならなかった。こういう時、スマートフォンってスゴく助かる。これがカフェだったら、ノートパソコンでもイイんだけど、そんなものを広げることもできない。って言うか、キーボード叩く音が「騒音」になってしまうのだ。でも、スマホなら狭い二段ベッドの狭い空間でも寝そべって、調べることは調べて文章だって液晶画面にフリック入力して無音で打てる。ちょっと前なら、まさかこんな所で仕事なんて、ということになっただろうけど、スマホのある今はいいのか悪いのか、どんな所でだって仕事ができてしまう。クラウドに文書を置いておけば重い書類を持ち運ぶ必要も無いのだ。
今回改めてその便利さを思い知った。
あと、今回感動したのは「OK Google」だ。この音声入力っていうのは、歩きながらデータを引き出したい時、メールしたい時にメチャクチャ便利。街中でそんな恥ずかしいことできるかと思っていたけど、この便利さ味わってしまうと少々二度見されてもやってしまう。iPhoneのSiriもこんな感じなのかな。ちょっと色々やってみたい。