読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「間借り」の生活。

「間借り」しながら発信します。一応「ミニマリズム」志向してます。

自宅を「ドミトリー扱い」する。

現在自宅のLDK(リビングダイニングキッチン)の一角に陣取っている。そこでお湯を沸かし、紅茶を入れ(氷は入れないけど)、一昨日買った「森茉莉」の 文庫本をめくる。至福だ。ついこの前までモリマリなんて人知らなかったのに、今ではすっかり気に入っている。この吸引力/毒性、スゴいと思う。

  実はKindle買って、専らそれで「読書」しようと思っていたけど、もうそんな無粋な端末買うつもりは無い。古本屋で古本買って、それを持っ て歩いて自由に読み込むっていうスタイルもアリだと知って、これからの自分の読書スタイルが定まったと思っている。ホント、あの日にあの辺ウロついて、あの古本屋入って「森茉莉」 の本選んだ巡り合わせに感謝している。

 そうやって自分の思ってること、考えていることに容易に浸ることができるのも「我が家」のいいとこ ろだろうが、そこは思い直して「いやいや、ここは一時の仮住まいであるドミトリーなんだ。」と思い直す。

最近やっているのが、自宅を自宅ではなく「ドミトリーハウス」だと思うこと。つまり、自分は「泊めていただいて」いる身であり、この場所で得られるのは「ベッド」と「シャワー」でのプライベートな時間だというフィクションをつくって生活している。

そうすると、ドミトリーハウスの主人にでもなったかのような気分になっ て、やり残した掃除や洗いモノは無いか、思いを馳せるようになる。自分の思っていることに浸るなどというのは、「ドミトリー」的ではないのだ。それでもド ミトリーを清潔に保ち、やるべきことをやってしまった後はそういう贅沢も許されるだろう。この感覚がこれまで「ドミ」を知らなかった私に欠けていたもので あり、これから空想上でも実際にも「ドミトリー」に住む私が持つべき感覚なのである。